おかしくてしかたがない(笑)

さて、ここからは壊れた私でお送りします(笑)

 

実はね、これって書き溜めてないよね。
いきなり思いつくまま書いてるんですよ。

というか、それしかできなくなったのよね〜(;´Д`)

だから、途中で修正が入ったりしますが、お許し下さいね。

 

で、早速訂正。

 

前回、私ヤマナカヒロユキを「外の人」、
バカ笑いしてる人を中の人って言ったけど、
正確にいうと、
外の人は変わらずで、
バカ笑いしてる人は、「奥の人」、
私のインナーチャイルドが「中の人」です。

この方がよりしっくり来る感じ。

また変わるかもしれないけど、
まあ、そのときはそのときということで、
お許し下さい。

 

 

さて、このできごとで気づいたことがあるんですよ。

思いつくまま書いてみるね。

 

まず、自分は苦しみから逃れるために
文字通り一生懸命頑張ってきたんだけど、

いや、これはね、マジで頑張ってきた。

覚えてる範囲でも、中学生の頃には、
すでに自分の性格が大嫌いで、
なんとかしたかったのよね。

もしそれが14歳だとすると、
今年53歳だから、
おおかた40年近く、
苦しんでのたうち回って、
ときには死んだ方がラクかなと思いつつも、

いろいろやってきて、
曲がりなりにも
人前でこうしたらラクになりますよ〜
なんて話ができるまでになったわけ。

 

オレは根気がないし、
移り気でそれがコンプレックスだったんだけど、
これだけは言えるんよね。

何かというと、
ラクになりたいという願いだけは、
諦めずにやってきたわけ。

そして、完ぺきではないけど、
それで今があると思っている。
これだけは自信がある。

 

それがね、
実は自分は苦しみたくて苦しんでたって
気づいちゃった日にゃ、どうすりゃいいのよ(笑)

 

いや、実は正確にいうと、
そんな気持ちにもなれなかった。

なんだ、そうだったのか!って感じ。

 

あまりにもあっけなかった。

悔しいという気持ちも、
今までの40年間を返してくれ!という気持ちも、
なにも湧いてこなかった。

あら、そうなのねって感じ。

本当にあっけなかった。

 

それに追い打ちをかけて、
奥の人はバカ笑いしっぱなしだし(笑)

 

奥の人を感じてると、
オレ自身もおかしくてしかたなかった。

 

いや、肉体と精神はむっちゃしんどいのよ。

吐き気はするし、苦しいし、
感情は「苦しい!たすけてくれー!」って叫んでるし、
マインドは「このドラマに入っちゃダメだ」って騒いでし(笑)、
もう大騒ぎ。

その様子をみて、中の人は腹を抱えて大笑い。

 

それを観てたら、すっごく苦しいんだけど、
自分もおかしくて仕方がなくなってきたんよね。

 

あはは、オレって狂ってるよな。

それを受け入れるしかなかったわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA